pokepay_logo
資料請求
  • トップ
  • 機能一覧
  • 導入事例
  • アプリの使い方
  • よくあるご質問
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • 資料請求

プレスリリース

トッププレスリリース「pokepay(ポケペイ)」を活用した新決済サービスを渋谷区デジタル地域通貨プロジェクトに提供決定

「pokepay(ポケペイ)」を活用した新決済サービスを渋谷区デジタル地域通貨プロジェクトに提供決定

~カヤック、デジタルガレージグループ、ジェーシービーと協業し、全国の自治体へ展開~

2022-08-09

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役 青山 新、以下:当社)は、オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「pokepay(ポケペイ)」を活用した新決済サービスを提案し、2022年内に開始予定の「渋谷区デジタル地域通貨プロジェクト」に採択されました。 また、本事業では、当社と資本業務提携関係のあるデジタルガレージグループ(以下:DG)、同、株式会社ジェーシービー(以下:JCB)の提供するNFCタグを活用した非接触型の新決済サービスとのシステム連携を行い、渋谷区デジタル地域通貨向けに最先端の決済サービス開発し、また株式会社カヤック(以下:カヤック)の提供するコミュニティコイン「まちのコイン」との連携を行います。

■「渋谷区デジタル地域通貨事業」について

渋谷区の産業支援、区民生活支援、地域コミュニティの活性化、スマートシティ化などを推進するために、渋谷区が2022年内に開始するデジタル地域通貨事業です。キャッシュレス決済機能を持ったアプリ「ハチペイ」と、株式会社カヤック(以下:カヤック)の提供するコミュニティコイン「まちのコイン(コイン名:ハチポ)」アプリの2種類の異なる特性のある通貨アプリを活用します。

当社は、本プロジェクトにおいて、キャッシュレス決済機能を持ったスマホアプリ「ハチペイ」および運営事務局や加盟店向けの管理機能等のキャッシュレス決済ソリューションの開発をリードし、その中核である電子マネー・ポイント機能を当社のオリジナル電子マネー発行プラットフォーム「pokepay(ポケペイ)」にて提供いたします。 また、「pokepay(ポケペイ)」を活用したキャッシュレス決済アプリ「ハチペイ」では、渋谷区内の加盟店でのアプリ決済の他、プレミアム付商品券機能や、銀行ATMチャージ機能等、決済の利便性を高める新たな機能も提供予定です。

■ オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「pokepay(ポケペイ)」とは

「pokepay(ポケペイ)」は、誰でも簡単に自社のオリジナル電子マネーを発行できるサービスです。 オリジナルの電子マネーを弊社プラットフォーム上で作成し、利用者のスマートフォン上のアプリを介し、決済を行うことが出来ます。ユーザーのスマートフォンだけで決済が完結する完全非接触型の決済サービスのため、デバイス等の準備も不要で、発行者の初期費用の負担も少なく導入可能です。  小売店・飲食店・商業施設・ビューティサロン・会員施設などのハウスマネー・ポイントや、自治体・DMOなどのデジタル地域通貨や地域電子ポイントなど、店舗や施設・コミュニティにおけるDX化、キャッシュレス化の実現、集客・顧客エンゲージメントの実現をサポートしています。  加えて「pokepay(ポケペイ)」では、各事業者が提供する公式アプリへの組込、POSレジやECサイトへの決済手段導入、各種周辺機器・サービスとの連携・組込が容易なSDK/APIを有するオープンなプラットフォームとなっています。  その拡張性の高さも今回の「キャッシュレス決済アプリ」に「pokepay(ポケペイ)」が組み込まれる要因の一つとなりました。

■ NFCタグを活用した新決済サービスとの連携について

 今回提供されるキャッシュレス決済アプリ「ハチペイ」の店舗側での決済方法として、NFCタグを活用した決済サービスが活用されます。本サービスは、DGとJCBの資本業務提携に基づき開発されたもので、ユーザーのスマートフォンだけで決済が完結する完全非接触型の決済サービスです。加盟店は、ユーザーにNFCタグへスマートフォンをかざしてもらうことで、WEBブラウザへと遷移し、決済をオンライン上で完了させることが可能です。本プロジェクトでは、このWEBサービスと、決済アプリおよびpokepayサービスを連携させることで、NFCタグ経由で、メニューや支払金額をWEBブラウザ上で選択・指定した後、シームレスに、渋谷区向け決済アプリ上でのデジタル地域通貨決済を実現します。

■ 「まちのコイン」サービスとの連携について

 渋谷区デジタル地域通貨事業では、キャッシュレス決済機能をもつキャッシュレス決済アプリ「ハチペイ」と連携し、地域コミュニティの活性化を目的として、カヤックのコミュニティコイン「まちのコイン」アプリが活用されます。 「まちのコイン」アプリで利用者が地域活動などによりコイン「ハチポ」を獲得し、その一部を「ハチペイ」で利用できるポイントに交換が可能となります。ソーシャルアクションによる地域コミュニティの活性化とデジタル地域通貨による利便性の相乗効果が期待されます。

■今後の展開について

 今後、当社はDG、JCBおよびカヤックと連携の上、地域のデジタルトランスフォーメーション、キャッシュレス環境の裾野拡大への貢献として、今回の座組をパッケージ化して全国の自治体DX化支援や地方創生など、社会課題の解決に取り組みます。  加えて、「pokepay(ポケペイ)」サービス、「ハチペイ」で開発したキャッシュレス決済アプリおよび外貨電子マネーチャージ端末サービス等の各種ソリューションを通じて、様々な業態・規模の事業者の皆様に、新しいお買いもの体験と決済を起点とした顧客エンゲージメント・DX化を推進する斬新なサービスを提供してまいります。


※pokepay(ポケペイ)サービス詳細、導入に関してのお問い合わせはこちらから

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

pokepayサービス資料

資料ダウンロード

関連記事

コラム

【デジタル化で再注目!】地域通貨を成功させるコツ

コラム

デジタル地域通貨の課題と作り方の工夫

トッププレスリリース「pokepay(ポケペイ)」を活用した新決済サービスを渋谷区デジタル地域通貨プロジェクトに提供決定

さぁ、あなたの
マネーを始めてみよう!

  • 運営会社
  • プライバシーポリシー
  • 利用規約
Copyright © Pocket Change Inc. All Rights Reserved.